目の下のクマを治すトレンドの治療法とは?『女子力UP情報局』

美容

クマの原因を解明しよう。

薄い皮膚を通して見える血管の状態

目の下の黒ずみや茶色、青みの部分(皮膚)は、クマと呼ばれています。 色により茶クマ、青クマと呼ばれることもあります。 目の下の皮膚はとても薄いため、そのほとんどは、その皮膚を通して見える血管によるものと言われています。 皮膚が薄ければ薄いほど、目の下のクマが目立つ傾向にあります。 また、顔立ちの彫りが深い場合、影になってそう見えるということもあります。 その他、アレルギーや花粉症などで目の周りをこすって生じたり、 貧血(鉄分不足)や栄養不足によって生じたりすることもあり、その原因は様々あります。 原因によって前述の茶クマ、青クマなどと色が異なることもあり、 まずは何故クマが発生したのかを考える必要があります。

茶、青、黒ずみの場合

目の下だけでなく、目の周り全体が茶色っぽくくすんで見える症状は、茶クマと呼ばれています。 主に、血液の状態というよりはメラニン色素が沈着してしまったものと考えられます。 メイクを落とす時や、アレルギーなどで目の周りを擦ってしまうことで発生します。 目の周りの皮膚を優しく扱うだけでも、くすみが晴れてきますので注意しましょう。 青クマと言われる症状は、睡眠不足や目の疲れ、栄養不足が主な原因です。 いずれの場合も血行不良で引き起こされるため、まずは睡眠をしっかり取りましょう。 またバランスの良い食事や規則正しい生活を送るなど、健康に良いと言われていることは何でも取り入れると良いでしょう。 色が青みをおびていなくても、黒ずんでいればそれも血行不良と考えられます。 健康的な生活を送ることは、自然とクマの解消につながりますので、十分に気を付けましょう。

福岡で人気の二重整形

福岡では、埋没法といわれる二重整形がとても人気です。これは、まぶたの裏側から特殊な細い糸で二重に点で留めるものです。施術時間も短く、施術後のダウンタイムもないです。お手軽に行えるので、整形初心者でも手軽に出来ます。

»もっと詳しく

目を二重にする方法

一重のまぶたを二重にするなら、大阪の美容外科やクリニックを利用すると良いでしょう。大阪なら他の地域に比べて安い費用から整形手術をうけることが可能ですし、手術方法の選択肢もかなり広いため、自由度の高さが魅力となっています。

»もっと詳しく

ボツリヌス菌のパワー

福岡県のクリニックではボトックス注射の人気が集中しており、簡単に申し込めるため取り組みとして来院者に対して積極的に呼びかけを行っています。またボトックス注射はすぐに効果が得られます。

»もっと詳しく